2016年   |   2015年   |   2014年   |   2013年   |   2012年   |   2011年   |   2010年   |   2009年   |   2008年   |   2007年   |   2006年   |   2005年   |   2004年   |   2003年   |   2002年
 
 
 
メディア掲載記事
 
● 2013年
2013年
11月19日

セントラルホテル佐世保 ローレライが経営権 ファンドから株譲渡

佐世保市の庄屋フードシステムは「ホテルローレライ」を運営するグループ会社が、事業承継支援を目的とする「九州・リレーションシップ1号投資事業有限責任組合」から、セントラルホテル佐世保の経営権を取得したと発表した。従業員(パート含む)97人は継続雇用する。
長崎新聞
2013年
11月19日

<佐世保のホテルを買収 庄屋フード 承継ファンドから>

庄屋フードシステムは長崎県佐世保市中心部にある「セントラルホテル佐世保」を買収し 傘下に収めたと発表した。同ホテルは後継者が不在で、企業の事業承継支援を目的とした 「九州・リレーションシップ1号ファンド」が2010年から運営していた。同ファンドが 事業を譲渡したのは初めて。ファンド運営会社は「地元企業を優先した上で、ホテル経営の 経験豊富な会社を選んだ」としている。
西日本新聞
2013年
9月6日

<事業承継支援4号ファンド JPEが設立>

日本プライベートエクイティは5日、事業承継問題などを抱える中小企業に投資する 「JPE4号ファンド」を設立したと発表した。ファンド総額は30億円で、今後は資金調達先 を増やし、50億円規模まで拡大する予定。4号ファンドは5日時点で、日本政策投資銀行や 日本M&Aセンター、三井住友銀行、京都銀行、十六銀行からの資金調達を決めている。
日刊工業新聞
2013年
8月20日

<事業承継ファンド組成 JPE 月内にも50億円規模>

日本プライベートエクイティは、月内にも50億円規模の事業承継ファンドを組成する。 後継者不在の悩みを抱える全国の中堅・中小企業が対象で、10社程度の投資を見込む。 日本政策投資銀行が約25億円を出資するほか、大手銀行、地方銀行、日本M&Aセンター が資金を出す予定。資金面、人材面の双方から事業承継を支援する。
日刊工業新聞
2013年
8月16日

<事業承継を支援 ファンドへ出資  政投銀、中小向け>

日本政策投資銀行は中小企業の事業承継を支援するため、ファンド運営会社の日本プライ ベートエクイティに出資する。プライベートエクイティ社の株主である日本アジア投資と 日本M&Aセンターから計35.6%の持分を2億円弱で取得する。政投銀は、プライベート エクイティ社が50億円規模で新たに設けるファンドにも約25億円出資する。
日本経済新聞