• ニュースリリース >
  • 株式会社浅野研究所の持分株式を売却 - 自己株買い取りによる再MBOの資本政策支援 -

ニュースリリース

2009年6月29日

株式会社浅野研究所の持分株式を売却
- 自己株式買い取りによる再MBOの資本政策支援 -

日本プライベートエクイティ株式会社
URL: https://www.private-equity.co.jp

この度、日本プライベートエクイティ株式会社(以下、「JPE」)は、同社が運営するMBOファンド 『TAKUMI1号投資事業有限責任組合』及び『JPE・プライベートエクイティ2号投資事業有限責任組合』(以下、「MBOファンド」)の2組合で保有する、株式会社浅野研究所(以下、「浅野研究所」)の発行済み株式の全株を浅野研究所(自己株式取得)及び第一実業株式会社(以下、「第一実業」)に譲渡することで合意いたしましたので、下記の通り、お知らせいたします。

  1. 本件概要

    今回、譲渡対象となる、浅野研究所(本社:愛知県愛知郡)は、平成16年9月、MBOファンドを新たな株主パートナーとして月島機械グループから独立し、その後、中国をはじめとした海外市場の開拓や内部体制の強化等により、順調に事業を拡大してきました。
    今回、同社が、MBOから4年を経て、株式上場も視野に入れられるほどの強固な経営基盤が構築できたことや、既に同社のプロパー経営陣による自立した経営が実践されていることから、MBOファンドとしてのEXITのタイミングであると同時に、同社が新しい成長段階に移行していく時期でもあると判断して、自己株式取得を主体とした資本政策を進めたものです。
    今回の資本異動により、同社は、自己株式4,462株を取得すると同時に、その法人主要株主である第一実業の持分法適用会社(資本異動後の所有割合22.0%、自己株式分を除いた議決権比率は38.1%の予定)となります。

    MBOファンドとしては、今後も浅野研究所の役職員を中心として、経営の自主性が維持されると同時に、40年以上にわたり販売代理店契約を締結しているパートナーであり、主要株主でもある第一実業との関係強化も図りながら、新しい成長段階へと移行することが、同社にとっても望ましい選択であると判断し、保有する全株式を譲渡、継承することといたしました。

  2. 各社概要

    株式会社浅野研究所

    本店所在地 愛知県愛知郡東郷町大字諸輪字北山158-247
    設立 1953年10月(2004年 新会社に事業譲渡)
    資本金 546百万円
    代表者 代表取締役社長 横地 純雄
    事業内容 プラスチック真空成形機の製造・販売
    大株主及び所有割合
    • TAKUMI1号投資事業有限責任組合 38.0%
    • JPE・プライベートエクイティ2号 投資事業有限責任組合 6.3%

    第一実業株式会社

    本店所在地 東京都千代田区二番町11-19
    設立 1948年8月
    資本金 5,105百万円
    代表者 取締役社長 矢野 邦宏
    上場市場 東京証券取引所第一部
    事業内容 プラント及び機械器具の国内販売ならびに輸出入

    日本プライベートエクイティ株式会社

    本社所在地 東京都千代田区九段北一丁目14番21号
    代表者 代表取締役社長 法田 真一
    資本金 60百万円
    事業内容 中堅・中小企業を対象としたMBO(Management Buy Out)ファンドの運営、コンサルティング
  3. 本件に関するお問い合わせ先

    日本プライベートエクイティ株式会社

    東京都千代田区九段北1丁目14番21号 九段アイレックスビル6F
    Tel:03-3238-1726 Fax:03-3238-1639

    以 上