• ニュースリリース >
  • TAKUMI 継承ファンドが投資 - ワコム電創の光源・光装置事業がMBOにより独立-

ニュースリリース

2005年11月16日

TAKUMI継承ファンドが投資
- ワコム電創の光源・光装置事業がMBOにより独立 -

日本プライベートエクイティ株式会社
URL: https://www.private-equity.co.jp

日本プライベートエクイティ株式会社(以下、「JPE」)が、三洋電機グループのファンド運営会社である三洋電機キャピタル株式会社(以下、「SECI」)と共同運営する"TAKUMI継承ファンド"(以下、「TAKUMIファンド」)は、この度、株式会社渡辺商行(以下、「渡辺商行」)の子会社である株式会社ワコム電創(以下、「ワコム電創」)の光源事業及び光装置事業ならびに渡辺商行の同事業にかかわる営業部門を、TAKUMIファンドの用意する受け皿会社へ営業譲渡することで最終契約を締結いたしました。なお、営業譲渡の実行につきましては、12月22日を予定しています。

  1. 本件の趣旨

    ワコム電創は、現在、主として下記の5つの事業を行っておりますが、このうち、①及び②の事業(以下、総称して「光源事業及び光装置事業」といいます)が、今回の譲渡対象となっています。

    ①超高圧水銀ランプ(半導体・プリント基板・液晶・PDP露光用)の製造及び販売
    ②キセノンランプ及びその応用装置(ソーラーシミュレーター等)の製造及び販売
    ③半導体製造装置の製造及び販売
    ④シリコーンゴムの製造及び販売
    ⑤石英硝子製品(るつぼ等)の製造及び販売

    超高圧水銀ランプは、半導体、プリント基板、液晶やPDPの露光工程において利用されていますが、市場のニーズが大型化、長寿命化、高照度化へとシフトするなか、ワコム電創は創業以来培ってきた独創的な高い技術力に支えられ、特に大型ランプの分野にて高い競争力を有しています。
    また、キセノンランプ及びその応用装置(ソーラーシミュレーター等)は、太陽電池の出荷前の出力検査装置として主に利用されており、その照度分布均一性とスペクトル安定度においては業界の高い評価が定着しています。特にセル検査装置としては、国内シェア90%以上と、他社の追随を許さない競争力を有しています。
    今後も、液晶やPDPパネル市場の大型化や太陽電池需要の拡大等に伴い、光源事業及び光装置事業のマーケットはさらに拡大が見込まれていますが、技術開発の強化と生産効率の向上によって成長スピードを加速するために、今回、TAKUMIファンドを活用して、MBO(Management Buy Out:経営陣による企業買収)による独立を図ることになりました
    TAKUMIファンドは、日本に残すべき"匠"の技術を有する中堅・中小製造業を、次世代に継承するためのMBO投資を目的として2003年8月に第1号ファンドを設立、これまでも株式会社浅野研究所や日本オイルポンプグループといった中堅製造業のMBOを支援してまいりました。
    今回、TAKUMIファンドはワコム電創の光源事業及び光装置事業が有する独自の技術力及び安定した収益性を高く評価すると共に、生産管理の合理化や新たな設備投資による製品開発等によって、さらなる成長が見込めると判断、投資に至りました。本件実行後は、生産管理、財務戦略、新市場の開拓等の支援を行い、経営陣と一体となって、一層の企業価値向上を目指します。

  2. 本件の概要

    TAKUMIファンドが出資する受け皿会社にて、ワコム電創の光源事業及び光装置事業ならびに同事業に関する渡辺商行の営業部門を承継いたします。ただし、海外販売に関しましては従来通り、渡辺商行を通じて行う予定です。
    受け皿会社は、「株式会社ワコム電創」と商号変更し、光源事業及び光装置事業については、製販を一体化させ、全ての取扱い製品の開発・販売・サポートサービスを行っていく予定です。
    なお、前述のワコム電創の事業③~⑤の機器装置、電機材料及び石英事業は、現・ワコム電創が「株式会社ワコム製作所」に商号変更して事業を継続いたします。

  3. 各社概要

    株式会社ワコム電創

    本店所在地 東京都中央区日本橋室町四丁目2番16号
    (工場:埼玉県大里郡川本町田中568)
    設立 1971年2月
    資本金 3億円
    代表者 楠原 昌樹
    事業内容 超高圧水銀ランプ(半導体・プリント基板・液晶・PDP露光用)の製造及び販売、キセノンランプ及びその応用装置(ソーラーシュミレーター等)の製造及び販売等。

    株式会社渡辺商行

    本店所在地 東京都中央区日本橋室町四丁目2番16号
    設立 1952年7月
    資本金 80百万円
    代表者 楠原 昌樹
    事業内容 電子部材及び装置の販売

    日本プライベートエクイティ株式会社

    本店所在地 東京都千代田区九段北一丁目14番21号 九段アイレックスビル6F
    設立 2000年10月
    資本金 60百万円
    代表者 法田 真一
    事業内容 MBOファンドの運用管理及びコンサルティング

    三洋電機キャピタル株式会社

    本店所在地 大阪府守口市京阪本通2丁目5番5号
    (東京事務所:東京都千代田区平河町二丁目1番2号)
    設立 2003年6月
    資本金 100百万円
    代表者 川上 浩生
    事業内容 MBOをはじめとしたプライベートエクイティ投資
  4. 本件に関するお問い合わせ先

    日本プライベートエクイティ株式会社 企画部

    TEL:03-3238-1726  FAX:03-3238-1639

    以 上